地学団体研究会Web::トップページ

「雪を押しのけて」(朝日団体研究グループ)

「雪を押しのけて」(朝日団体研究グループ)


今月のお知らせ

第192 回東京日曜地学ハイキングのお知らせ
荒川「岩淵水門」と「知水資料館」の見学

  1. 日時:2018年4月15日(日)
  2. 集合:「赤羽岩淵駅(地下鉄南北線)」改札口外10時
  3. 解散:JR岩淵水門付近14:30頃(赤羽岩淵まで徒歩15分)
  4. 参加費:200円(資料代・保険代など・知水資料館は無料)
  5. 雨天中止

(2018.4.5)

→詳細はこちら

埼玉支部 支部総会のお知らせ

  1. 日時:4月22日(日)10:00~16:30
  2. 会場:ウェスタ川越 研修室4
  3.          川越市新宿町1-17-17 Tel 049-249-3777
  4. 交通:
    1. 川越線・東武東上線「川越駅」西口から徒歩約5分
    2. 西武新宿線「本川越駅」より徒歩約15分
  5. 内容:
    1. 10:00〜14:00 総会議事
               …2017年度活動総括・2018年度活動方針ほか
    2. 14:30 〜 学習会
               …「核のゴミ処分場科学的特性マップについて」講師:立石雅昭会員(新潟支部)

(2018.4.5)

→詳細はこちら

東京支部総会のお知らせ

  1. 日時:4月28日(土)14:00開場 14:30開会(終了後懇親会)
  2. 会場:芝学園地学室
  3. 交通:①営団地下鉄日比谷線「神谷町」3番出口徒歩8分
  4.          ②都営地下鉄三田線「御成門」A5出口、徒歩10分
  5. 内容:講演会と支部総会議事
  6. 講演:「わたしの東京地盤物語(番外編)—東京は高エネルギー放射性廃棄物処理場になりうるか—」
  7. 講演者:中山俊雄会員
    1. 「科学的特性マップ」では、東京都も処分場可能地として選ばれています。今回の講演では1)東京の地盤調査史、2)支持層と沖積層2分問題、3)大深度地下利用と上部更新統、4)地盤沈下と中・下部更新統、5)地震動予測と基盤構造、6)東京の地盤は核のごみ処分場地として可能かなどについてお話しします.
  8. (2018.4.5)

    →詳細はこちら

    2018年度会費の前納・未納会費の納入をお願いします

    2018年度会費の前納・未納会費の納入をお願いします。
    会費の納入済み年度は、会誌の封筒宛名の氏名横の()内に記載されています。この年度の翌年からの会費をご送金ください。
    記載のない方は、口座振替の方、2018年度の会費が納入されている方などですので、ご送金の必要はありません。
    会費は、一般9,000円、学生・院生1,000円(学年を記入してください)、夫婦12,500円、高齢者会費(希望者で前年度中に80歳以上の会員)4,500円です。

    (2017.12.05)

    →詳細はこちら

    若手支援カンパの御礼

      旭川総会に向けて、51名の方から貴重な若手支援カンパをいただきました。また、会場入口でもご協力いただきました。大変ありがとうございました。
      今回のカンパとこれまでの繰り越しから、14名の学生・院生に、宿泊費一部、巡検費用半額、発表者への交通費一部の、あわせて19万円ほどの補助を行うことができました。総会に参加した学生のみなさんが、これから支部や団研等で活躍されることを期待するとともに、支援にご協力いただいたみなさま方に厚く御礼申し上げます。(全国運営委員会事務局)

    (2017.11.01)

    →詳細はこちら

    旭川総会資料集・巡検案内書残部について

    ご希望の方は、下記までお申し込みください。

    1. 申し込み先:地学団体研究会事務所
    2. (〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-24-1 八大ビル301号)
    3. E-mail chidanken■tokyo.email.ne.jp(■を@に換えてください)
    4. FAX 03-3983-7525
    5. 頒価:1500円(送料180円)

    (2017.11.01)

    →詳細はこちら

    第71回地学団体研究会総会(旭川)総会声明

    8月26日に開催された第71回地学団体研究会総会(旭川)では、下記の総会声明を採択しました。
    「軍学共同に反対し、民生分野の研究条件充実を求める」
    「原発再稼働に抗議する」

    (2017.10.10)

    →詳細はこちら



ニュース