地学団体研究会Web::出版物>地学ハンドブック>各号別詳細

地学ハンドブック5  火山灰野外観察の手びき(新版21に改訂)

地学ハンドブック一覧を表示

著者判型ページ数頒価送料
野尻湖火山灰グループB5判66頁(絶版)
handbook5
私たちが生活する台地や山麓、道路脇や工事現場には黄褐色の土がみられることがある。これらのほとんどは、いろいろな火山から飛んできた火山灰の地層である。
これらの火山灰は、すぐ近くの火山に噴出源を持つものから、1,000km以上離れたところにある火山から飛んできたものもある。

この火山灰層を野外で詳細に調べ、また室内で火山灰に含まれる鉱物をしらべることによって、その火山の性質、地域の生い立ちや広くは日本列島全体の生い立ちを考える資料とすることができる。

本書では、そうした火山灰の野外での観察の方法をわかりやすく解説してものである。火山灰の鉱物のしらべかたは、『地学ハンドブックシリーズ14新版火山灰分析の手引き』に解説されている。

地学ハンドブック一覧を表示

地団研の出版物は、学術研究成果の公表、および会員の質的向上を目的として出版されており、原則として、会員頒布ということになっていますが、購入をご希望の方はこちらをご覧ください。

地学ハンドブック一覧を表示