地学団体研究会Web::出版物>双書>各号別詳細

地学双書35 日本の地学教育の歩み─戦後編(1945年〜2000年)

双書一覧を表示

著者判型ページ数頒価送料
倉林三郎・竹越 智 著A5判2200円260円
sosho_35.jpeg
  1. 戦後の教育界の混乱と新教育制度の発足(1940年代後半)
    1. 戦後の混乱した教育界
    2. 日本の教育改革をめぐるさまざまな動き
    3. 教育基本法・学校教育法の公布と6・3・3・4制の発足
    4. 研究・教育の民主化への闘い
  2. 6・3・3制の学校教育での地学教育(1940年代後半から1950年代前半)
    1. 生活単元学習・問題解決学習と地学教育
    2. 高校地学の誕生と初期の歩み
  3. 地学の体系化をめざして(1950年代後半〜1970年代前半)
    1. 生活単元学習から系統的な学習への転換
    2. 高校地学の解体の動きから地学2単位必修時代へ
    3. 地域に根ざした地学教育と地学の体系
    4. 理科教育の現代化
  4. ひろがる"自然に学ぶ地学教育"の輪(1970年代後半〜1980年代後半)
    1. "精選とゆとり"の名のもとで、授業時数・教科内容の削減─1977(昭和52)年の学習指導要領改訂
    2. 高等学校における理科Iの新設と履修科目の多様化
    3. 臨教審答申〔1987(昭和62)年〕と学校教育の多様化
    4. 編隊を組んで進む地団研の教師たち─ひろがる"自然に学ぶ地学教育"の輪
  5. 21世紀の地学教育への動き(1990年代)
    1. 1 1990年代の教育界をめぐる大きな流れ
    2. 2 小学校低学年に生活科の導入─1989(平成元)年の学習指導要領の改訂
    3. 3 「総合的な学習の時間」の新設─1998(平成10)年改訂のめだま
    4. 4 「ゆとり」の拡大は「生きる力」を育てるか−1989(平成元)年改訂と1998(平成10)年改訂
    5. 5 多様化する高等学校教育、減少する地学履修者
  1. むすびにかえて 「自然に学ぶ地学教育を育てよう」─21世紀の地学教育を考える
  2. 資料編
    1. 資料1戦後、20世紀における「理科の履修状況」の変遷
    2. 資料2 戦後、20世紀の年表(教育・政治・社会の動き)

双書一覧を表示

購入をご希望の方は□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

双書一覧を表示