地学団体研究会Web::出版物>双書>各号別詳細

地学双書31 日本の地学教育の歩み(1868年〜1945年)

双書一覧を表示

著者判型ページ数頒価送料
倉林三郎A5判280頁2000円260円
  • はじめに
  • 1.学校教育の黎明期の地学教育(明治新政府の教育政策/学校教育の幕開けと自然科学教育の重視/教育統制が強まった教育令時代の地学教育)
  • 2.近代教育制度の確立・整備期の地学教育(学校教育制度の大改革と地学教育/小学校の国定教科書制度のはじまりと理科教育/日露戦争前後から第1次世界大戦までの地学教育/第1次世界大戦後の教育改革と臨戦体制移行期の地学教育)
  • 3.15年戦争下の社会の動きと地学教育(臨戦体制前期の社会・教育界の動きと地学教育/日中戦争・太平洋戦争下での教育の崩壊と地学教育)
  • 資料編

双書一覧を表示

地団研の出版物は、学術研究成果の公表、および会員の質的向上を目的として出版されており、原則として、会員頒布ということになっていますが、購入をご希望の方はこちらをご覧ください。

双書一覧を表示